Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金井君

 金井君は或夜ここまで書いた。内じゅうが寝静まっている。雨戸の外は五月雨(さみだれ)である。庭の植込に降る雨の、鈍い柔な音の間々(あいだあいだ)に、亜鉛(あえん)の樋(とい)を走る水のちゃらちゃらという声がする。西片町の通は往来(ゆきき)が絶えて、傘を打つ点滴も聞えず、ぬかるみに踏(ふ)み込む足駄も響かない。
 金井君は腕組をして考え込んでいる。
 先ず書き掛けた記録の続きが、次第もなく心に浮ぶ。伯林(ベルリン)の Unter den Linden を西へ曲った処の小さい珈琲(コォフイィ)店を思い出す。Cafe[#「e」にはアクサンが付く] Krebs である。日本の留学生の集る処で、蟹屋(かにや)蟹屋と云ったものだ。何遍行っても女に手を出さずにいると、或晩一番美しい女で、どうしても日本人と一しょには行かないというのが、是非金井君と一しょに行くと云う。聴かない。女が癇癪(かんしゃく)を起して、melange[#最初の「e」にはアクサンが付く] のコップを床に打ち附けて壊す。それから Karlstrasse の下宿屋を思い出す。家主の婆あさんの姪(めい)というのが、毎晩肌襦袢(はだじゅばん)一つになって来て、金井君の寝ている寝台の縁(ふち)に腰を掛けて、三十分ずつ話をする。「おばさんが起きて待っているから、只お話だけして来るのなら、構わないといいますの。好いでしょう。お嫌ではなくって」肌の温まりが衾(ふすま)を隔てて伝わって来る。金井君は貸借法の第何条かに依って、三箇月分の宿料を払って逃げると、毎晩夢に見ると書いた手紙がいつまでも来たのである。Leipzig の戸口に赤い灯の附いている家を思い出す。※(ちぢ)らせた明色(めいしょく)の髪に金粉を傅(つ)けて、肩と腰とに言訣(いいわけ)ばかりの赤い着物を着た女を、客が一人宛傍(ずつそば)に引き寄せている。金井君は、「己は肺病だぞ、傍に来るとうつるぞ」と叫んでいる。維也納(ウインナ)のホテルを思い出す。臨時に金井君を連れて歩いていた大官が手を引張ったのを怒った女中がいる。金井君は馬鹿気た敵愾心(てきがいしん)を起して、出発する前日に、「今夜行くぞ」と云った。「あの右の廊下の突き当りですよ。沓(くつ)を穿(は)いていらっしっては嫌」響の物に応ずる如しである。咽(む)せる様に香水を部屋に蒔(ま)いて、金井君が廊下をつたって行く沓足袋(くつたび)の音を待っていた。Munchen[#「u」にはウムラウトが付く] の珈琲店を思い出す。日本人の群がいつも行っている処である。そこの常客に、稍(や)や無頼漢肌の土地の好男子の連れて来る、凄味(すごみ)掛かった別品がいる。日本人が皆その女を褒(ほ)めちぎる。或晩その二人連がいるとき、金井君が便所に立った。跡から早足に便所に這入って来るものがある。忽(たちま)ち痩(や)せた二本の臂(ひじ)が金井君の頸(くび)に絡(から)み附く。金井君の唇は熱い接吻を覚える。金井君の手は名刺を一枚握らせられる。旋風(つむじかぜ)のように身を回(かえ)して去るのを見れば、例の凄味の女である。番地の附いている名刺に「十一時三十分」という鉛筆書きがある。金井君は自分の下等な物に関係しないのを臆病のように云う同国人に、面当(つらあて)をしようという気になる。そこで冒険にもこの Rendez-Vous に行く。腹の皮に妊娠した時の痕(あと)のある女であった。この女は舞踏に着て行く衣裳の質に入れてあるのを受ける為めに、こんな事をしたということが、跡から知れた。同国人は荒肝を抜かれた。金井君も随分悪い事の限をしたのである。しかし金井君は一度も自分から攻勢を取らねばならない程強く性欲に動かされたことはない。いつも陣地を守ってだけはいて、穉(おさな)い Neugierde と余計な負けじ魂との為めに、おりおり不必要な衝突をしたに過ぎない。
 金井君は初め筆を取ったとき、結婚するまでの事を書く積であった。金井君の西洋から帰ったのは二十五の年の秋であった。すぐに貰った初の細君は長男を生んで亡くなった。それから暫く一人でいて、三十二の年に十七になる今の細君を迎えた。そこで初は二十五までの事は是非書こうと思っていたのである。
 さて一旦筆を置いて考えて見ると、かの不必要な衝突の偶然に繰り返されるのを書くのが、無意義ではあるまいかと疑うようになった。金井君の書いたものは、普通の意味でいう自伝ではない。それなら是非小説にしようと思ったかというと、そうでも無い。そんな事はどうでも好いとしても、金井君だとて、芸術的価値の無いものに筆を着けたくはない。金井君は Nietzsche のいう Dionysos 的なものだけを芸術として視てはいない。Apollon 的なものをも認めている。しかし恋愛を離れた性欲には、情熱のありようがないし、その情熱の無いものが、いかに自叙に適せないかということは、金井君も到底自覚せずにはいられなかったのである。
 金井君は断然筆を絶つことにした。
 そしてつくづく考えた。世間の人は今の自分を見て、金井は年を取って情熱がなくなったと云う。しかしこれは年を取った為めではない。自分は少年の時から、余りに自分を知り抜いていたので、その悟性が情熱を萌芽(ほうが)のうちに枯らしてしまったのである。それがふとつまらない動機に誤られて、受けなくても好い dub を受けた。これは余計な事であった。結婚をするまで dub を受けずにいた方が好かった。更に一歩を進めて考えて見れば、果して結婚前に dub を受けたのを余計だとするなら、或は結婚もしない方が好かったのかも知れない。どうも自分は人並はずれの冷澹(れいたん)な男であるらしい。
 金井君は一旦こう考えたが、忽ち又考え直した。なる程、dub を受けたのは余計であろう。しかし自分の悟性が情熱を枯らしたようなのは、表面だけの事である。永遠の氷に掩(おお)われている地極の底にも、火山を突き上げる猛火は燃えている。Michelangelo は青年の時友達と喧嘩をして、拳骨で鼻を叩き潰(つぶ)されて、望を恋愛に絶ったが、却(かえっ)て六十になってから Vittoria Colonna に逢って、珍らしい恋愛をし遂げた。自分は無能力では無い。Impotent では無い。世間の人は性欲の虎を放し飼にして、どうかすると、その背に騎(の)って、滅亡の谷に墜ちる。自分は性欲の虎を馴らして抑えている。羅漢(らかん)に跋陀羅(ばつだら)というのがある。馴れた虎を傍(そば)に寝かして置いている。童子がその虎を怖れている。Bhadra とは賢者の義である。あの虎は性欲の象徴かも知れない。只馴らしてあるだけで、虎の怖るべき威は衰えてはいないのである。
 金井君はこう思い直して、静に巻(まき)の首(はじめ)から読み返して見た。そして結末まで読んだときには、夜はいよいよ更(ふ)けて、雨はいつの間にか止んでいた。樋の口から石に落ちる点滴が、長い間(ま)を置いて、磬(けい)を打つような響をさせている。
 さて読んでしまった処で、これが世間に出されようかと思った。それはむつかしい。人の皆行うことで人の皆言わないことがある。Prudery に支配せられている教育界に、自分も籍を置いているからは、それはむつかしい。そんなら何気なしに我子に読ませることが出来ようか。それは読ませて読ませられないこともあるまい。しかしこれを読んだ子の心に現われる効果は、予(あらかじ)め測り知ることが出来ない。若しこれを読んだ子が父のようになったら、どうであろう。それが幸か不幸か。それも分らない。Dehmel が詩の句に、「彼に服従するな、彼に服従するな」というのがある。我子にも読ませたくはない。
 金井君は筆を取って、表紙に拉甸(ラテン)語で
  VITA SEXUALIS
と大書した。そして文庫の中へばたりと投げ込んでしまった。

森 鴎外

作家名: 森 鴎外
作家名読み: もり おうがい
ローマ字表記: Mori, Ogai
生年: 1862-02-17
没年: 1922-07-09
人物について: 本名林太郎。石見国鹿足郡津和野町(現・島根県鹿足郡津和野町)生まれ。代々津和野藩亀井家の典医の家柄で、鴎外もその影響から第一大学区医学校(現・東大医学部)予科に入学。そして、両親の意に従い陸軍軍医となる。1884(明治17)年から5年間ドイツに留学し衛生学などを学ぶ。『舞姫』『うたかたの記』『文づかひ』『大発見』『ヰタ・セクスアリス』などに、そのドイツ時代の鴎外を見て取ることができる。その後、陸軍軍医総監へと地位を上り詰めるが、創作への意欲は衰えず、『高瀬舟』『阿部一族』などの代表作を発表する。

悪質な諸犯罪


 去る十二月十九日午後一時半から二時の間に、品川に住む二十六歳の母親が、二つの男の子の手をひき、生れて一ヵ月たったばかりの赤ちゃんをおんぶして、山の手電車にのった。その時刻にもかかわらず、省線は猛烈にこんで全く身動きも出来ず、上の子をやっと腰かけさせてかばっていた間に、背中の赤ちゃんは、おそらくねんねこの中へ顔を埋められ圧しつけられたためだろう、窒息して死んだ。
 この不幸な出来ごとを、東京検事局では、「一般のお母さんへの警告」として、過失致死罪として起訴した。殺人電車、赤ちゃん窒息という見出しで新聞はこの事件を報じた。そして、この不幸は母親ばかりの責任ではなく、我もろとも十分に知りつくしている昨今の東京の交通地獄の凄じさに対して、熱意ある解決をしない運輸省の怠慢について、注意を喚起した。
 世間の輿論は、不幸な母親由紀子さんに同情を示し、結局、東京検事局は起訴猶予とした。そして、忙しくて乏しい歳末の喧騒にまぎれて、この事件は忘れられ、今日、私たちは、その事件のおこった当日と大して変りない暴力的交通状態の下に暮しているのである。
 新聞記事の出た前後、検事局の態度にあきたりない投書が、どっさりあった。この一事件は、猶予という形で落着したのであったが、考慮ある人々は、この一事件が暗示しているところが、どんなに深刻であるか、今日なおしばしば思いめぐらしているであろうと思う。
 全く不幸な災難としかいいようのないこの事件が、先ず法律的処罰の対象となり得るということに一驚したのは、私だけではなかったろう。検事という職務の官吏が、みんな自家用自動車で通勤してはいない。弁当の足りないことを心のうちに歎じつつ、彼等も人の子らしく、おそろしい電車にもまれて、出勤し、帰宅していると思う。官吏の経済事情は、旧市内のやけのこったところに邸宅をもつことは許さないから、多数の人々は、会社線をも利用して、遙々とたつきのためにいそしんでいるであろう。良人であり父親であるこれらの官吏たちが、わが妻、わが子をつれてたまの休日にいざ団欒的外出と思うとき、第一、そのつつましいたのしさをうちこわすものは何だろうか。交通地獄の恐怖である。検事局と書いた木札を胸にかけて、乗ろうとする粗暴な群集を整理するわけにもゆかない。一私人として立てば、やはり我身をもみくしゃにされ、妻を顧みて「おい大丈夫か」といい、子の名を呼んで「乗れたか?」と叫びもするだろう。人間の姿がそこにある。今日の、日本の人民の一員たる現実の姿が、よかれあしかれ、そこに現出しているのである。
 そういう日常の生活をしている官吏たちが、偶々(たまたま)一人の若い母親とその赤子の上にふりかかった災難をとりあげて警告的処罰をしようと思い立った理由は、どこにあり得たのだろうか。常識ある万人の心が、その母と子とを気の毒と思う場合、その人が処罰の対象となったということで、人民はその人が気の毒だし、災難をうけた方が罪になるとは、さてこわいと、畏縮して、女子供の外出がへると思いつかれでもしたのだろうか。
 由紀子という若い母が、どういう用向きで二人の子をひきつれて外出したかが記事の中に語られていないのは遺憾である。けれども、私たちは、自分で自分の必要とした目的のために、動く自由はもっている。交通機関が極端な殺人状態の昨今、ただの気保養に、二人の子をつれて山手線に乗る母は、およそ無いと判断して間違いない。一家の中の細々としたさまざまの用事は食糧事情の逼迫している今日、女を家庭の内部で寸暇あらせないと共に、家庭の外へも忙しく動かせる。どんな婦人でも、今の乗物には身軽こそがのぞましい。由紀子という人が、二人の子供を前とうしろにかかえて外出したということは、その一家に、留守番をしたり子供を見たりする人手の無いことを語っているのである。
 警告を発するならば、先ず運輸省の不手際に対して発せらるべきである。更には、存在の無意義さによって解消しつつある厚生省が、社会施設として、それぞれの地区の住民に欠くべからざる托児所、子供の遊場をこしらえる力さえなかったことに向って、警告が与えらるべきであったと思う。日本婦人協力会というような、戦争協力者の集りのような婦人団体は、せめて彼女らが女性であるという本然の立場に立って、時間と金とを、そのような母と子とのために現実性のある功献に向けるべきであると、警告すべきであった。日本婦人協力会には、検事局の人々にとって殆ど内輪の、因縁浅くない故宮城長五郎氏夫人宮城たまよが主要な一員として参加しているのである。遠慮なく警告してもよかったろう。
 責任を問うという意味での警告であるならば、おのずから区別の過程をふまえなければならないだろう。
 由紀子の背中の赤子は、何故圧死しなければならなかったか。ただ一つの「何故」ではあるが、この一語こそ、戦争犯罪的権力に向って、七千万人民が発する詰問としての性質をもっているのである。この「何故」は止めるに止めかねる歴史の勢をはらんで、権力が人民に強いた不幸の根源に迫るものである。何故、運輸省は今日の殺人的交通事情を解決しかねているのであろうか。その答えが、余り集約的に、今日の日本の破局的な各方面の事情を反映していることに、解答者自身おどろかざるを得まいと思う。この一つの「何故」への具体的な答えには、農林大臣が米の専売案を語り、それと全く反対に農林省の下級官吏は結束して大会をもち、食糧の人民管理を要求し、戦争犯罪人糺弾の人民投票をやっているという今日の事実さえも、包括されなければならないのである。責任を問うための警告的処罰であるならば、現政府の中に今もなおさまざまの名目の下に止っている戦争犯罪者、その協力者たちを、警告処罰すべきではなかろうか。私たち通常人の公憤は、そのように告げるのである。
 この不運な母子の一事件は、実に多くのことを考えさせる。日本の民法が、法律上における婦人の無能力を規定している範囲は、何とひろいことだろう。女子は成年に達して、やっと法律上の人格をもつや否や、結婚によって「妻の無能力」に陥ってしまう。婦人が人間として能力者である時間は、特別な結婚難の時代のほかは、本当に短いのである。ところが、刑法において、婦人はどう扱われているであろうか。刑法上、その行為の責任を負うに耐えないものとなっている事は、精神異常者その他人並の分別を一時的にしろ喪った者となっている。女子が、神経の弱い、社会的因襲による無智から常規を逸しやすいものとして、結論に当っていくらかの斟酌を加えられる場合は決して尠くないけれども、刑法は女子が人妻だからといって無能力者と規定してはいないのである。日本の婦人の置かれて来た立場の奇怪な矛盾は、私たち自身信じかねるほどである。民法と刑法とにおける婦人の地位というものは、このような悲劇的矛盾のままであるべきではない。
 日常生活の幸、不幸にかかわる民法において一人民として婦人が夥しく無力である事から、その社会的存在を守るに力ない無権利から発したさまざまの罪過に対して、罰は一人格として受けなければならないのは、余りにむごたらしいことではないだろうか。
 新しい日本が誕生するならば、その民主的な第一日の暁に、この点が、最も根本的な人権の問題として提起されなければならないのである。
 司法省の部内にも種々の動きが在ることを新聞は報じている。そして、その動きは、二枚の種板が一つの暗箱の中でずって動くように、上層官吏と下級官吏との間で、いくらかずつ異った利害をもっているのだろうとも、推察される。しかし、概括して、民主的方向へ、といわれている。民主的というのは、どういうことだろう。
 この不幸な由紀子さんとその赤子との場合を例にとったならば、どういう風に全事情が理解され、取扱われたとき民主的といい得ただろうか。
 検事局の係検事は、先ず自分が一人の住民として朝夕その身を痛めている交通地獄の有様をリアリスティックに思いおこすべきであった。自分も今日に生きるただの一市民として、良人であり父親である自分の幸多しとはいいようのない日常の思いを、噛みなおすべきであった。職権、或は職業的解釈より前に、一個の具体的人間であるべきであった。そういう風に心が生きて生活にふれていれば――生活の自覚に充たされているならば、誰にしろ、敢て「最初に石をなげる者」とはなり得なかっただろうと思う。
 ところが、この災難は起訴された。執行猶予ということは、不起訴になったということではない。起訴した検事局は、どこまでも刑法に該当するものとして、ただ処罰を猶予したに過ぎなかったのである。法律上は素人である平凡なおとなしい市民は、このことからどんな印象をうけたであろうか。今日になっても、検事局は、やっぱり恐ろしいところであるという強い感銘を与えられた。常識では、災難と思えるところに、摘発の専門家の手にかかると、法律上犯罪となる条件が見出され得るということは、一般人の信頼を、安らかさに置くよりも、気味わるく思わせる。
 もとより悪質な諸犯罪、殺人、お家騒動のからくりに対しては、十分専門家としての追究が必要とされる。これから実現する戦時利得税、財産税をすりぬけようとして、大小の各財閥が工夫をこらすであろう術策などは、きっとその専門家的欲望の対象となるであろう。
 民主的な検事局というならば、あらゆる場合、基本的な人権の劬り、事件関係に対する社会の現実に立ったリアルな科学的洞察、真の道義的責任のありどころを明確にすることがのぞまれて当然である。一つの行為に対する法的処罰が、道義上の判断と評価とに一致しなければ一致しないほど、刑罰の非人道性が露出されるばかりである。罰せられたる幾人をもたらしたのは、治安維持法であったことを人々が忘れることは無いのである。

正直な處

『私もさ今まではかう、ちよいとした女を見ると、つひそのなんだ。一所に歩く貴公にも、隨分迷惑を懸けたつけが、今のを見てからもう/\胸がすつきりした。何んだかせい/\とする、以來女はふつゝりだ。』
『でも、あなたやあ、と來たら何うする。』
『正直な處、私は遁げるよ。』

美に對すれば俗念を絶つ、鏡花は其消息を解するものか、吾人をして其の欠點を指摘せしめば、豈に指摘すべき處を知らざらん哉。
然れども此落寞たる文界に偶々新進作家の出つるに當りて、餘り多くの注文を持ちこむで其鋭氣を沮むは、决して之を歡迎するの道にあらず。
然れども渠をして小成に安んぜしむるは吾人の本意にあらず、修養蘊蓄徐ろに後來の大成を期せんこと屬望に堪へず。

『忘れません。』

落莫たる文藝倶樂部に於て、吾人二人、新進作家を得る、曰く泉鏡花、曰く三宅青軒。
その第六篇掲ぐる所の鏡花の新作『外科室』、僅々十三頁に出でざる短篇と雖、然も其の短篇なるが故に、寸鐵人を殺すの氣あり。
某伯爵の夫人、疾を得て某病院の外科室にあり、一醫學士の手術を經、半途に手術者の手を拉して遽かに自刃し、手術者も亦同日に自刃す。渠等は曾て小石川植物園に於て、偶然相見て、双心相許したものと
是れ「外科室」の素(すじ)なり。是の如き深刻なる戀愛は泰西的にして東洋的にあらず。恐らくは翻案乎。
よし翻案なりとするも、文章簡錬敍事勁拔、之を先進作家の一二に見るに、多く讓る色あるを見ず。頗ぶる他が心状を描さんことを勉めたり。
渠は

醫學士はと、不圖見れば、渠は露ほどの感情をも動かし居らざるものゝ如く、虚心に平然たる状露はれて、椅子に坐りたるは室内に唯渠のみなり。其太く落着きたる、これを頼母しと謂はゞ謂へ、伯爵夫人の爾き容態を見たる予が眼よりは寧ろ心憎きばかりなりしなり。

是れ高峰が情人の手術に就て勉(つと)めて冷淡を裝はふの状、

『宜しい』
と一言答へたる醫學士の聲は此時少しく震を帶びてぞ予が耳には達したる。其顏色は如何にしけむ俄に少しく變りたり。

是れ渠手術を乞はれて心動き初めたるの状

『看護婦刀(メス)を』

是れ夫人が藥を服するを拒み、斷乎として死を决したるを見て、意を决して坐を起つ時の辭
凡て筆を有意無意の間に着く、是れ最も凡手の難しとする所、伯爵夫人の心状に至つては、

『夫人唯今お藥を差ます(〔ママ〕)、何(ど)うぞ其をお聞き遊ばして、いろはでも、數字でも、お算へ遊ばします樣に』。
伯爵夫人は答なし。
『お聞濟でございませうか。』
『あゝ』
『それでは宜しうございますね。』
『何かい、魔醉劑をかい。』
『いや、よさうよ』
『それでは夫人、御療治が出來ません。』
『はあ、出來なくツても可よ。』
『奧、そんな無理を謂つては不可ません。出來なくツても可といふことがあるものか。我儘を謂つてはなりません。』
『はい。』
『それでは御得心でございますか。』
腰元は其間に周旋せり。夫人は重げなる頭を掉りぬ。

是れ夫人が魔醉藥を拒むで服せざる所、其の决心の態、窘窮の状、傍にあつて見るが如し。

『そんなに強ひるなら仕方がない。私はね心に一つ祕密がある。魔醉劑は譫言を謂ふと申から、それが恐くつてなりません。何卒もう、眠らずにお療治が出來ないやうなら、もう/\、快ならんでも可い、よして下さい。』
『刀を取る先生は高峰樣だらうね』
『何うしても肯(き)きませんか。それぢや全快(なほ)つても死でしまひます。可(いゝ)から此儘で手術をなさいと申すのに』
『さ、殺されても痛かあない。ちつとも動きやしないから、大丈夫だよ。切つても可』

祕密、高峰樣、殺死、斬、夫人の心状、之を掌に指すが如し『切つても可』一語傍人を悚殺す。
遂に最後の惨局に到る、

『痛みますか。』
『否、貴下だから、貴下だから。』
恁言懸けて伯爵夫人は、がつくりと仰向きつゝ、凄冷極り無き最後の眼に、國手をぐつと瞻(まも)りて、
『でも、貴下は、貴下は、私を知りますまい!』
謂ふ時晩く、高峰が手にせる刀に片手を添へて、乳の下深く掻切りぬ。
醫學士は眞蒼になりて戰きつゝ、
『忘れません。』
其聲、其呼吸、其姿、其聲、其呼吸、其姿。伯爵夫人は嬉しげに、いとあどけなき微笑を含みて、高峰の手より手をはなし、ばつたり、枕に伏すとぞ見えし、唇の色變りたり。
其時の二人が状、恰も二人の身邊には、天なく、地なく、社會なく、全く人なきが如くなりし。

是に到るまで讀者をして手卷を離す能はざらしむ、
渠が外科室は成功せるもの。
渠は又浪子の諧謔を能くす。
渠は又美の力を識認す、渠は伯爵夫人の美の力を、浪子の口を藉つて語らしめて曰く、

Extra

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。